--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.07

36回目 ワールドクラス

Category: BAR
1506882_792728164121389_973058830800526543_n.jpg



いつも皮肉って書いてることが多いけど、今回は素直にすごいなあと思えた。

Worldclass(ワールドクラス)って聞いたことある?BARの世界で。

今年で7回目になるバーテンダーの世界大会やけど、その日本大会で今年は奈良の「LAMP BAR」の金子さんが優勝して、世界大会の切符を手にされた。

それが驚くことに、7回の大会で3回も奈良県から優勝者が出てるねん。

2010年は「ザ セイリングバー」(桜井市)の渡辺さん。

2013年には「奈良ホテル」(奈良市)の宮崎さん。

そして2015年は「ランプバー」(奈良市)の金子さん。

奈良県てすごいと思わへん?東京や大阪なんかの大都会も含めて、日本中のホテルや街のバーテンダーが夢見る大会での優勝は、ほんまにすごいことやと思う。

今は少しは増えたとはいえ、奈良にはまだまだ数えるほどしかBARはないのに。

3人に奈良県民栄誉賞でも贈ったらどうやろ。

「奈良の酒飲みは幸せやねえ。」って思うやろ。当然彼らの手によるお酒は味わったことあるけど、自分が幸せやったんやねえ。

自分としてもバーを名乗ってる以上、奈良の価値を落とさんようしっかりせんとあかんね。


奈良の地酒もこの頃相当レベルアップしてるし、一度、お酒を目当てに奈良をめぐってみるのもお薦めやね。

その時は、是非案内役にご指名してもらいたいもんやねえ。ぜったいおもろいことになると思うし。


今度、彼らに日本酒を使ったおいしいお酒、アドバイスしてもらいに行ってくるわ。


金子氏には世界大会のご活躍をお祈りします。






スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2015
04.29

35回目 バーの印象

Category: BAR
K20130504-2.jpg


「バー」って聞いてどういうイメージかなあ?

もちろん、ひとそれぞれやと思うけど、普段から行かへん人にとっては、なんかあやしいところと思ってない?

以前、麻生総理が、ホテルのバーでくつろがれてることを、マスコミが叩いたことがあったの覚えてない?

自分としては、当時も今も、何があかんのか全く理解できへん。

「そらバーやってるおまえはそういうやろ」ってか。

せやけど、麻生さんにとったら、ちょっと休憩って感じでカフェでコーヒー飲んでる感覚やったと思うし、そこらの街場で飲むわけにもいかんやろしね。 

その時、「高級なバーで飲むのは庶民感覚とずれてる」といった論調やったと思うけど、マスコミ関係者ほどよっぽど無駄に高価な店に行ってると思うけど。

逆に、麻生さんほどのお金持ちが、一流ホテルのバーといえども一般庶民でも行けるところで飲んでるのは微笑ましい感じがせんでもなかった。

そもそも、バーって、ホテルにしても街場にしても、明瞭会計やし、われわれ庶民が気軽に非日常を味わうには絶好の場所やと思うねんけど。



確かに一見で一人では入りにくいかもしれんし、常連さんばっかりやったり、やけに自信満々の雰囲気や価格設定やったりするとこもあるけど。

女性が座って接客する処や高級料亭と違うて、一般的にバーはお酒そのものの値段やし、お酒そのものを味わうことが出来る。

お店の人はたいていお酒に相当詳しいし、何でも聞いていいし、お酒のこと全く知らんかっても全然気にすることない。

しゃべりたくなかったら本読んでても良いし。

知ったかぶりは嫌われるけど、それはバーに限ったことやないしね。

まあ気にいらんかったら一杯で出ても良いし、二度と行かへんかったらええねし、一回バーってとこに行ってみてほしいと思う。
お酒をますます好きになると思うし、お気に入りのバーが絶対どこかにあると思う。

初めての時はホテルのバーが入りやすいと思うけど、ちょと高級すぎると思ったら是非一回うちに来てみて。

気軽にゆっくりしてもらえると思うし。

奈良県内やったら他のバーも紹介させてもらえるし。


「そんなとこまでどうやって行くんや!?」って言われそうやね。

まあそう言わんと連絡してみて。


Comment:2  Trackback:0
2014
05.20

番外 facebook

Category: BAR
フェイスブック始めたで~。






Comment:0  Trackback:0
2014
05.09

20回目 日本酒のグラス

Category: BAR
DSC00678-2.jpg
(右から3番目が大吟醸グラスで4番目がコニャックグラス)



バーって日常と違う空間でありたいよね。

グラスにもこだわりがあるよね。バーによって。

「蔵のきき酒室」はまだまだやけど、いろいろ考えることもあるわ。

このごろ、日本酒をワイングラスでって、はやってるみたいやね。

なんかひっかかるんねんな。

何かわからんけど。



何で日本酒がワイングラスなん?

ある意味わかるよ、香りがよくわかるから。


吟醸酒は最近の日本酒の主流やし、世界にアピールするためにはワイングラスはもってこいやと思うけど。

なんかひっかるねんな。

リーデル製の大吟醸グラスが世に出てから久しいけど、それを使ってるんやったら日本酒グラスやろし。

うちのバーでも使ってるけど、それでもどうも違うねんな。なんか。ようわからんけど。


日本酒にもいろんなタイプがあるわな。

ワイングラスにぴったりなんは、きどった大吟醸酒のようやけど、最高の日本酒がワインのグラスに入れられるのはどうなん?

大吟醸が最高の日本酒とは限らんけど。


ほんだら、「おまえはどんなグラスでサービスするねん」ってなるわなあ。

本来、何でもぴったりなんが「お酒(日本酒)」って思ってるから始末が悪いねんな。

その時の感覚で選んでるねんけど、もちろんワイン用のグラスも使ってる。

なんか抵抗あるけど。

スコッチ用のテイスティンググラスとかも使うけど、陶器や磁器なんかももちろん使う。

でも、日本で本来使われてきた酒器は、香りを重視してないねんあ。それでよかってんけど。

せやけど、今は、それだけでは芸ないのも認めざるをえんよな。

今度、ブランデー用のグラスをためしてみたんよ。裕次郎様のとはちょっと違うんやけど。

ちょっと小振りやねん。

これが自分のイメージとぴったりやねん。

ワイングラスをぐるぐるって感じやなくて、もっと繊細な感じ。

ワインより日本酒が繊細やっていうてるんやないで。

日本酒はワインより「か弱い」ねん。そんなことない?

大和撫子が外国の女性よりか弱いって言うたら怒られそうやけど。


やっぱりおまえも「ぐい飲み」と違うねんなって言われるけど。

もちろん、銚子に杯はあたりまえやけど。

なんか「ワイングラス」はいややし、「ぐい飲み」も万能やないねんな。

そこんとこの感覚は上手に書けへんわ。


そんな話おもしろいと思ってくれたら、バーに来て教えてほしいなあ、いろいろと・・・。






Comment:0  Trackback:0
2014
03.26

10回目 バーの様子

Category: BAR
DSC06559.jpg

10回目にたどり着いた。自分としては上出来やわ。

今回のテーマはどうしよ・・・。

ということで、バーのこと書いてみるわ。

NHKの「ごちそうさん」って連ドラで「蔵座敷」って造ったやろ.

あれ見て、「蔵のバー思い出した」って言うて、何人か来てくれはったわ。雰囲気そっくりやしな。

ありがとうございました。

それにしても、自分で言うのもなんやけど、うちのバーは変わってると思う。

「こんなんでやっていけてるん?」って感じやもんな。

えらそうに予約制にしてるから、「気軽に行かれへん」と思われてるかもしれんし。ほんまは気軽やねんけど。

酒飲む処やのに、車でないと来られへん。「どうやって行くねん?」って感じやしね。

せやけど、したかってんな。酒の話して酒飲む感じ。

             (うちの家族はご飯の時はいっつも「ご飯のこと」話しててん。
              当然夕ご飯の時は「お酒の話」が中心やった。
              どうも他の家では違うみたいやね~。食べながら世間の話や、
              子供の学校や成績の話するらしい。
              そんなんしたら、食べてることが二の次にならへんのかな~?
              と思ってた。)

もちろん、バーでは好きな話してくれたらいいねんけど、どうしてもお酒の話になると思うわ。

うっとうしいときもあるわなあ。

そんなときは、グラスを持って外に出たら、静かやし満天に星が見えて、しばらく帰ってけ~へん感じ。

二人で来てくれたら隠れ家で秘密の感じ。

カクテルは手早ないし上手ちゃうけど、みょうに酒が美味しい感じ。

好きな音楽を好きな音量で聴ける感じ。

少々酔っぱらっても許される感じ。(ほかのお客さんに、からむんだけはかんにんやけど。)

「なんか落ち着くわ~」って感じ。


せやけど、今のところ、どうもなんかいまいちな感じするねんな。

まあ、これからも背のびせんと、自然体でいってみるわ。

このバーするの、一応「夢」やってんけど(ちっちゃい夢やろ)、今度はもう一部屋(VIPルームって感じかなあ)ほしいと思ってるねん。いまのバーの続きに古い蔵あるしね。


それも「夢」ということで・・・。

まあ、家賃払わんでええし、ぼちぼちやっていくわ。

興味あったら来てみてや。

来るときは電話してみて。

連絡先はこちら

DSC08019.jpg


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。