--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.29

30回目 酒米

Category: 日本酒
tugehimuro.jpg


きのうテレビ見てたら、「山田錦が足らん」っていうテーマで番組やってた。

輸出が伸びてるのに思うように造られへんって切り口やった。

出演してた山口県の酒造会社の社長は「農政が悪い」って言うとった。

なんか違うんちゃうか。

そもそもなんで山口の会社が兵庫の米使わなならんの?

兵庫の山田錦は日本一の酒造好適米っていうのは誰もが認めることやけど、それは農家と灘の酒屋の長年の努力の結果やと思う。

それを急に売れるようになったからいうて、ドカンと大量に発注しても手に入らんのは当たり前ちゃうか?

山口では米造られへんのか?気候が風土が向いてないって言いたいんか?努力したんか?

この前偶然通りかかってんけど、奈良県の山添村でこの会社の銘柄入った山田錦ののぼり立ってる田んぼがあってん。

元奈良県の造り酒屋としては情けない気がしたけど、同時に「なんでもありかい」って感じもした。

そんなに貴重な米を23パーセントまで磨かなあかんのか?77パーセントは粉にしてしまうねんで。

日本一磨いてるって宣伝効果で売れたら勝ちやねんな。マスコミも一辺倒に取り上げ、それに踊らされる世間。

ほんまに日本一旨いんかいな? なんかいややなあ。しゃーないけど。負け犬の遠吠えやけど。

ロマネコンティーは売れるからいうてフランス中からぶどう買いあさったりせえへん。

日本一の酒がフランス一の酒に追いつくんは永遠に無理な気がするわ。

今夜の晩酌は「つげのひむろ」にするわ。蔵元が自分で育てた米で、自分の研究した酵母で、自分で仕込んだ酒で乾杯や。




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kikizake1959.blog.fc2.com/tb.php/48-d6d32484
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。