--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.26

34回目 日本酒のイメージ

Category: 日本酒
sakeiro.jpg


日本酒って言うたらどんな酒を想像するのやろ。

業界にいてる自分らでは当たり前のことでも、一般の人からみるとそうでもなかったりするのは当然やわなあ。

今回は「ちゃんと説明せなわからんやろ」って話。


日本酒が嫌いな人は、「変な臭いがして、甘くてべとべとするし、飲んだ人の後も臭い」なんて人も多いのとちがうかなあ。

一方、大吟醸酒が好きな人は、「良い香りがして、すっきりしてて飲みやすい」っていう人もいるやろなあ。

若い人の中には、「日本酒ってお米から造るって本当ですかあ~?」「燗って何ですかあ~?」っていう人にも遭遇したことあるけど、「むかし、日本とアメリカと戦争したらしいって知ってるか?」っていう若者の話を聞いたときほど違和感がなかった気がするなあ。


一般に60才位以上の男性にとっては、いわゆる熱燗がお銚子で出てくるイメージとちがうかなあ。

お猪口やぐい呑みで居酒屋や宴会やもちろん自宅で飲む酒って、酒そのもののイメージはどうやろ。

色は無色透明で、香りはさほど気にしなくて、味は塩辛やお刺身、焼き魚、煮付けなんかと合うし、そんなもんやろって感じかな。銘柄も何であれ、「それほどまずくなければ良しとするか」ってな調子で。

そんな先輩方にとって、突然冒頭写真のような色があって、酸味の強いお酒が出てきたらどうやろ。

まず、「古いのと違うか?」「傷んでるのとちがうか?」「酢になりかけてるのと違うか?」って疑うのとちがうかなあ。

そして、日付を見てみると、酒造年度は三年前、製造年月は一年前やったとする。そしたら、疑いが確信に変わって、お店にクレームいいたくなるやろなあ。

実は、この前お客様からお問い合せがあってん。「よそから頂戴したお酒が、茶色くて酸っぱくておかしいと思うねんけど、どうやろ」って。

「山廃」や「生もと」って書いてあるだけで、他に何も説明なかったら、そうなって当然やと思う。
ことわっとくけど、山廃、生もとが全部こんな酒やって言うてるのと違うて、今回のケースではってことやねん。
それと、昔からこういったお酒を好んで飲んでる人は別やで。

そのお酒をいただいて飲んでみると、色は山吹色っていうよりビールのようにもっと茶色い感じで、「山廃」ってラベルにあるお酒によくあるタイプの「うま口濃厚でありながら後切れの良い」ってされるお酒で、一年前やったらもう少しすっきりしてたかなあって感じの味わいやった。

蔵元のねらいの味はどんななのか、飲んだだけでは断定できへんけど、結果的には残念になってしまったのはどうもね。


自分としても、蔵から瓶詰め出荷する製造年月は、その酒の飲み頃であるし、なるべく早く消費した方がいいという認識やったし、今も変わってない。

問屋や小売店や飲食店が、勝手な判断で熟成させるのは、いかがなものかって今でも思ってる。

今回の場合、ラベルに酒造年度と製造年月を並記してあって、蔵元としては配慮がされてると思う。

けど、小売店で一年寝てたことは事実やし、お客さんがお店に電話で問い合わせると「何が悪いんですか?ワインだったらクレームにならないでしょう。同じことですよ。燗したらいいんですよ。この酒はそういったお酒です。」ってつっぱねるのはどやろ。


最近では、生酒でも、蔵出し後流通段階で熟成させるのが平気な場面に出会うけど、お客さんの好みで古くするのは勝手としても、お酒を扱うプロが、独りよがりの判断で、販売する酒を古くするのはどうも理解できへん。

今回のお酒のように、ある程度熟成させた方が真価を発揮するタイプのお酒は、蔵元の判断で出荷前に熟成させてるはずやし、出荷後はなるべく変化しないように願ってるはずやと思うねんけどなあ。いずれにせよ説明不足のような気がする。

それに、どうもこの頃、あまりにも極端に「酸がどうの」って言い過ぎてるんとちがうかなあ。

ちまたではびこる、「日本酒通」ってなんやねん。この方たちのおかげで地酒が売れてるんやけどね。ありがたいねんけどね。

いろんなタイプのお酒があってこそ面白いと思うねんけど、どうも最近偏りすぎてない?

お酒は、「酸がはっきり感じられて、味がしっかりしてるのが良い酒で、色は関係ない。」ってほんまか?

「搾った時はお酒には色があるんです。無色透明なのは炭素で濾過してるんです。」って説明もほんまか?

確かに米から造った酒は、若干の黄緑色してる。でもそれは大きいタンクに入れてわかる程度のお酒が一般的であって、自分ではその方が好みやね。炭素なんか使わんでも色の少ない酒はあるし、低温熟成やったら色も増えにくい。

それと、ワインと同じっていう発想は、どうしても受けつけへんのは考えが古いのかなあ。

せやけど、ワインと同じって言うんやったら、勝手に古くした酒のことを、どこかのソムリエさんみたいに、説明はきちんとせなあかんのと違うかなあ。

お客さんに投げつけて、受けられへんのはそっちが悪いっていうのと違うて。


あかんあかん、人のふり見て我がふり直せやね。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kikizake1959.blog.fc2.com/tb.php/53-9791f46e
トラックバック
コメント
そうですね、生を流通段階で古酒にして、販売するのは、アウトですね。おっしゃるとおりですね。

又兵衛dot 2015.03.26 20:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。