--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.12

6回目 焼酎

Category: スピリッツ
DSC09788.jpg
6回目やね。

日本酒、リキュール、ワイン、ビールの次はスピリッツにするわ。日本のスピリッツといえば焼酎やね。

今や、日本酒よりぎょうさん飲まれてる。「ぎょうさん」ってわかるかなあ。「よおけ」っていうこと。これもわからんかったら、「沢山」やね。
おおかた、関西の人が読んでくれてるやろから、これからも奈良弁で書くわな。正統派違うけど。

実を言うと、焼酎は知識ほとんどないねんな。以前はよう飲んでてんけどな、馬刺しには芋焼酎や時には球磨焼酎やいうて。確か、今より癖があって、ブームでない時期、飲むこと自体通ぶってた感じやった。

それが、すごい勢いで売れ出してきた頃からは、「日本酒の敵」とか言うて、飲みたいときでも無理に飲まへんかった。

自分が酒造りを諦めかけた要因の一つが、周りの人がほとんど日本酒に替えて、焼酎を飲み出したことがあるねん。

このままほっといたら、日本酒って、焼酎のことを言うようになるんと違うかと思うほどの勢いやった。

今は落ち着いたみたいやけど、それでも、ブームと言うて片づけられん感じやし、完全に定着してる。

大衆酒としての日本酒は、まだまだ下降線をたどっていくのは明白やけど、焼酎は大衆酒はもちろん高級酒の分野でも、あらゆる酒類の強敵となっていく感じやね。

うちのバーでもはじめは焼酎は置いてなかったけど、そんな訳にはいかんようになるには時間かからんかったわ。

初めのうちは、ジンや、テキーラや、ウオツカ、特にラムを勧めてた。ラムは日本の黒糖焼酎や言うて。


焼酎は、原材料による風味の違いはもちろん大切やけど、この頃は「麹」がキーワードになってるようやね。

日本酒の麹のことは、ちょっとはわかるけど、焼酎はなあ。

せやけど、芋焼酎の麹って言うたかて、米麹には違いない。それも一般には知らんことかもしれんなあ。どう、知ってた?

今は芋麹を使っての全芋焼酎とか、全麦麹焼酎なんていうのもあるらしいけどね。

日本酒の麹は黄麹菌やけど、焼酎の麹は白麹菌やと思とったら、今は沖縄で使われてる黒麹菌を使ったものが人気みたいやね。黄麹使った焼酎もあるみたいやし。

あんまり焼酎のことわからん自分で飲んでみてもわかるように、麹の種類によって味わいに直接、大きく影響するのが興味深いところやなあ。麹歩合が高いんやろか。

酵母もどんなん使てるかもおもしろいところやね。


それでも、なんたって蒸留するわけやから、蒸留後にもろみの味わいがこうも直接影響してくるって、本格焼酎って奥が深そうや。甲は別に考えんとあかんやろけど。

実は、このブログ書くに当たって、久しぶりにちょっと飲んでみたけど、やっぱりなかなか旨いやん。しばらくはまりそうな予感やね。

これから、焼酎はお客さんに教えてもらいながら、少しずつ飲んでみようと思う。

まあ、個人的には熟成した蒸留酒は好きやから、もっと蔵内で寝かせてほしいと思うところはあるなあ。


長期間寝かせることは、日本酒ではなかなか味わえへん醍醐味やと思うし。

30年ぐらい前、宮崎空港でおみやげで買った。確か2000円ぐらいやったと思うけど「百年の孤独」はおいしかったの覚えてるわ。今は高いみたいやね。あの時は、空港の居酒屋でも安く飲めたような。

また、手頃な値段の熟成焼酎教えてほしいなあ。泡盛もなつかしいなあ。

さっそく注文してみよっと。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kikizake1959.blog.fc2.com/tb.php/6-c3fac70f
トラックバック
コメント
焼酎のお湯割り飲んだら次の日に残るみたい、日本酒なら残らないのにな、と言ったら、普通は逆だと言われちゃった。
キノコdot 2014.10.11 20:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。