--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.09

5回目 ビール

Category: ビール
1489189_706574566053499_563270859_n.jpg


ビールについても書いてみよ、ということで。

消費者はビールに何を求めてるのやろ。

個人的には、のどの渇きをいやすもので、苦みが特徴の甘くない炭酸飲料というところかなあ。まあ、「とりあえずビール」派かな。

バーの主人らしく「味わい」と言いたいところやけど、嘘になるかも。

でもギネスは一番好きやねん。

うちのバーでは普通にビールって言われたら、ハートランド出すねん。スーパードライは真夏以外は遠慮しとく。

せやけど、麦芽から造ったもの以外は飲む気がせんわ。体に悪いないのん?

この前スーパーでビールコーナー見ててんけど、どれが何かわからんかった。

発泡酒はまだしも第三、第四のビールは、ビールと同じ範疇で販売してほしないなあ。

麦芽の比率が極端に低いものやとか、麦から醸造したスピリッツを混和しているものを、ビールよりも高級感のあるデザインで陳列されているのを見てると、こんなんでいいんか?って感じしたわ。

麦芽20%増量って宣伝してる第四のビールもあったけど、もともと少ない麦芽量の2割増しやったら、しれてるの違うの?

ほんま、まぎらわしいわ。

お客さんが納得してたらそれでいいんやろけど、原材料の内容や比率はなるべくわからんようにして、知らんうちに変なもん飲まされてるような気がするねけどね。レストランのエビやネギの表示で大騒ぎしたマスコミの人も飲んでるのやろか。

高給取りやから、プレミアムビールか。

以前に、大衆酒としての日本酒が、醸造アルコールや糖類の添加をこっぴどく批判されたこと思い出すわ。なんでもかんでも一緒にされた。

大企業の大衆向けビールは、何しても批判せえへんのかい? 合点いかへん。

「この流れは、酒税を徴収する当局と、ビールメーカーの戦いにおける、メーカー側の努力の勝利で、賞賛されるべき」っていう人もいるみたいやけどなあ。

飲み方によっては体に害にもなるのがアルコール飲料やで。

せやのに、限りなく本物に似せた真っ赤な偽物を、こうも堂々と販売して良いものなんか?マスコミも公平にやってくれって感じやね。

今の時代、酒販免許制度が緩和されて、ほとんどのコンビニやスーパーで酒類が販売されてる。

戦後のアルコール飲料が不足してた時代やないんやから、「消費者のニーズに合わせている」から言うて、安い酒をどんどん提供して、「売れて儲ければええ」って考え方は、本来の酒屋として最低限持っとかなあかんもんを、置き忘れてしもてるようで、ついて行けへんわ。「酒は文化や」とまでは言わんけど。

マスコミも、消費者の利益という大義で、安売り競争を煽っておいて、何か問題が起きたら、末端業者を容赦なく叩きのめすのは常套手段やわなあ。

日本では、アルコール消費人口がこれからも減り続けていく中で、酒類への信頼を失のうたら、若者を中心にますますアルコール離れが加速するように思うし、そうなってきてる。

日本酒も同様で、一部に異常に安いパック酒あるわなあ。なんぼ「競争社会や」言うたかて、あんな中身が疑われるようなもん、メーカーが製造販売し続けてるのは、全く理解出来へん。もう止めよや。



堅い話になったけど、バーにはギネス以外にも、地元の曽爾高原ビール、他にも自分の好きなん揃えとくんで、麦から造ったビール飲みに来てや。安しとくし。

133412347_5f289617fc.jpg


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kikizake1959.blog.fc2.com/tb.php/7-a3df4a2d
トラックバック
コメント
この夏、まるごと国産ってサッポロビール気に入ってました。好きな味。スーパードライ系は苦手なのです。
キノコdot 2014.10.11 20:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。