--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.02

ST-GERMAIN 3回目 リキュール

Category: BAR
DSC09716-1.jpg  9349_10151961076488071_1876594564_n.jpg

3回目は目先を変えて、リキュールのこと書いてみようかなっと。

というのも東京にいる息子が写真のリキュールを送ってくれてん。しばらく田舎にすっこんでしまってる身としてはまったく見覚えのないもので、ひさびさにリキュールに注目してしまうことになったというわけやね。

もともとリキュールというもんは、修道士たちが薬草を原料にしてつくってた薬酒やねんな。

自分としては、この流れの、ちゃんと原料のエキスを抽出した重厚な香味のリキュールが好きやし、それがほんまもんやと思ってる。

日本にも鞆の浦の「保命酒」とかすごいリキュールがあるし、丁寧に造られた梅酒は世界に誇れるものやけど、このごろ濃縮果汁に焼酎や酒を混ぜただけの即席リキュールが幅をきかせてるのにはがっかりするし、またよう売れてるのをみると自分が古いだけなんかなあと思ってしまう。

まあ、おいしかったらいいねんけど、ほんまのリキュールを知ってんのかなあ、とつい思ってしまうわ。

このごろ、ちまたのバーでもリキュールをリキュールグラスで飲んでる人は、ほとんど見かけへんし、カクテルでもフレシュフルーツのカクテルが人気やし、重たいリキュールは出番が少なくなってきてるようやね。

そんな中、写真のST-GERMAIN(サンジェルマン)っていうエルダーフラワーのリキュールは、昔のリキュールファンはもちろん、リキュールをストレートで飲んだことのない人にも是非おすすめって感じやね。

メーカー曰く、パッションフルーツでも洋なしでもグレープフルーツでもレモンでもなく崇高で繊細な味わい、ということやけど、まさにそんな感じやね。以前にどこかの蜂蜜で味わったことある風味やわ。やっぱり花の雰囲気やね。

メーカーのお奨めはスパークリングワインで割るカクテルやけど、試してみたらやっぱりおいしいわ。


いま、即席リキュールで甘いお酒に目覚めた人が、グレードアップするのにちょうどええのとちがうかなあ。

BAR蔵のきき酒室ではこれからリキュールも充実させたいと思うようになったんで、また試しに来て。




Comment:0  Trackback:0
2014
02.25

蔵のきき酒室ブログ一回目

Category: BAR
Bar5.jpg

これまで、BARの情報発信はとりわけてしてこなかったけど、思うがままということではじめます。
まあ、3回で終わりそうな気もするけど、なんとかやれるかなって感じで。

まずは、BARの屋号とブログのタイトル「蔵のきき酒室」って名前のことやけど、自分の感性とか好みとかを、みんなもっと大切にしてほしいということからやねん。
確かに、人の評価や評判、金賞受賞とか星の数なんかですごい気になるのはよくわかる。
けど、やっぱり自分がどう思うかやし、それが他の人と違ってても気にすることなんかないし、堂々としてたらいいねん。

そうでないとなんか損な気がする。

ロマネコンティーやドンペリや越乃寒梅を「たいしたことない」なんて言う人もどうかと思うけど・・・。

レストランでネギやエビの名前にこだわってぎゃーぎゃー言うたり。味のことと違って。

えせ和製ベートーベンのCD買わされたり、通販で結局気に入らんもん取り寄せたり、行列に並んでへとへとになったり。

でも一回試してみんとわからんから難儀でもあるよなあ。

お酒はまさに自分でためしてみんとわからんよ。きき酒っていうねんけど、ちょこっとづついろんなもの試せたらうれしいわなあ。

そこで「きき酒室」やねん。

001-1.jpg

これはきき酒セット。

どれが好きか先入観なしできき酒してもらおうということやね。

ようするに、このセットが私の言いたいことを具現化したものなんよ。

まあ、たいそうに言うても、うまけりゃいいねけどね。




Comment:1  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。